還暦からの平泳ぎ上達は体幹の維持

体幹の維持はどうするのか?

 

ブレストでどうしても下半身が足先にかけて下がりがちだ。

 

そんな事を考えながら練習をしていたら、今頃になって気づいた。

 

「スカーリング」が大事なのではないか? それで早速練習してみた。

 

 

 

お腹に力が入り、足先が下がらない。

 

体幹か? これが大事な練習なのかな。

 

体幹の維持はどうするのか?

 

 


平泳ぎでキック前にどうしても足先が下がる。(動く)

 

ストリームラインから足先を引き付ける時に下がらないようにするには?

 

下がったら抵抗になるので、これさえ出来るようになるとタイムが良くなるのか?

 

 

分かったことは、「体幹・腹圧」 下腹に力を入れることですね。
現在、この事を考えながらイメージして 「練習?」 しています。

 

腹・腰・脚  全てに注意をしていますが、自分で見れないのでどんなになっているのか?

 

 

最近は、下半身(内転筋)の筋トレを、一人黙々とキック練習にも励んでいます。
「きっと成果が出るだろう」 と思っていますが?

 

コーチが時々見てくれているみたいで、「泳ぎに力が入りすぎだ!」 と言われるが抜き方が解らない?  分かれば苦労しない。

 

スイムを毎回力一杯に泳ぐだけでは速くならないですね。

 

 

ゴルフの練習でも、「男子プロの真似をしても体力が違うので、まだ女子選手を真似ろ」と言われています。
↓ ↓
筋力に頼らず平泳ぎが速くなるには技術だった