還暦スイマーがバタフライをより速く泳ぐコツは

バタフライをより速く・美しく・楽に泳ぐためのコツ

バタフライをより速くアゴを前に突き出すようにして泳ぐと肩が回しやすく楽になります。

 

私もバタフライで頭を上げた時には、以前は顔は下を向いていました。

 

それで良いと教えられ、思っていたのです。
しかし、身体が固くて肩が回りにくく、ガチガチの泳ぎだったのです。

 

 

 

そこで、アゴを前に出しての泳ぎに変えたところ、より腕が回しやすくなり疲れなくなったのです。

 

そして、あごを突き出すことで下半身が水面に浮いてくるように感じています。

 

 

これって還暦マスターズスイマーには、大事なのではないでしょうか?

 

「顔は下を向いて」の指導法もありますが・・・?

 

アゴを出していると身体が反っているように見えたり、バテているように見る人もいてますが、私は腕や肩甲骨を回しやすくする意識なので一番だと思っています。

 

 

画像はリオ五輪銀メダリストの坂井選手です。
アゴがグッと前に突き出て、エントリー時の腕も低くてパワフルでキレイですよね。

 

 

マスターズスイマーも世界2位の泳ぎをマスターしたいですね。
練習では、イメージが大切なのでこのようなフォームを頭に入れています。

 

そして、坂井選手に乗り移ったような感じで・・・ 
そうすると速い! 速いような気がする!(笑)

 

>>速いバタフライを練習するなら