還暦からのバタフライは力を抜くコツを覚える

バタフライで力を抜くところとは

還暦 バタフライで力を抜くところ
バタフライで力を抜くところを教えてもらいました。

 

100mを泳ぐときにず〜っと力を入れていると、最後が疲れるので、伸びる時には力を抜くこと!

 

それは、第一キックで入水した時から次の掻きが始まるまでのチョッとの間。

 

力を抜いているのに、第一キックを強く打っているから前へ前へと進むような感じです。

 

 

私はず〜っと力が入った泳ぎみたいで、「75mからは上体が上がり進みが悪くなっている」と注意を受けました。

 

 

伸びた時にお腹を下から突き上げられた感じにしますが、しかし力は抜いている。 

 

腹圧で腰を高く上げるとうねりが出て、この時に腰は上がる感じです。

 

 

そうなんです。 100mはどこかで力が抜けた泳ぎでない腕と肩がもたない。

 

最初の25mも力ではなく、軽い泳ぎが出来たら、それなりにスピードも出ています。

 

今日からこの泳ぎでイメージは下記の画像のように練習ですね。

 

この画像を頭にイメージしての練習が大切です。
(このように身体が柔らかくはできないですが)

 

 

還暦 バタフライ 力を抜くところ

 

>> バタフライが上達するための教材