バタフライの腰のうねり方で進みは違います

バタフライの腰の使い方とは?

 

バタフライ 腰のうねり手が入水したら身体が前に行くために、お腹が下から突き上げられる感じです。
無理に腰を上げよう上げようとしたらダメです。

 

ジムの初心者を見ていますと、腰だけをポッコンポッコン上げているので、そのために前に進まなくなっています。

 

 

うねらないといけないと思って腰を上げているわけで、これは間違っています。

 

上達するには、上半身から徐々に身体をイルカのように動かすのです。

 

水族館や海の映像なども注意して見ていますと、うねりとドルフィンだけで進むのが分かりますね。

 

 

腰を上下に動かそうとしたら動かせますが、胸から足先まで動かしてうねりが生まれることです。

 

 

 

ストロークとキックのタイミングを合わせるのは,陸上でのシャドースイミングが良いと思います。
鏡等姿が映るところの前でやってください。

 

まずは、手は下げたままで腰と脚をキックしているイメージでうねります。
腰を後傾〜前傾して、それに合わせて股関節部から足先に向かってうねるのです。

 

それが出来たら、両手を上げた状態で、今度は胸の下部から順に、腰〜太もも〜足先とうねりを入れていきます。

 

腕が入水する時に第一キックを,腕を?く時に第二キックをイメージして動かします。

 

 

 

うねりは文章で書くのは非常に難しいので、教材動画が非常に参考になります。
動画を何回も見て、頭にイメージをインプットして練習に励んでください。

 

この森隆弘さんの教えは分かりやすくて私は参考にしています。