個人メドレーのバタフライの泳ぎ方

個人メドレーのバタフライは泳ぎ方が違う?

個メのバタフライはキックもうねりも小さく

 

還暦 バタフライキック腕に対して、脚の筋肉量は5倍もあります。
なので、キックを多用すると酸素を消費して疲れるもとになります。

 

キックが苦手な人が頑張って打っても、進みより疲れるほうが多いでしょう。

 

 

入水の第1キックに比べてプッシュの第2キックは小さく歯切れよく打つ。
水中に頭を突っ込みすぎないようにして、うねりも小さくします。

 

最初の泳ぎなので、力んで泳がないことが基本のようですが、レースになるとなかなか難しいところです。

 

 

還暦過ぎのレースでも、バタフライから精一杯のスピードで泳いでる方が大半ですね。

 

私もバタフライは得意な種目なのですが、トップとは2秒〜違います(皆さん速すぎる)
なので、バックで追いかけるのですが、結果平泳ぎになるとバテバテでアウト。

 

 

なので、練習中から楽にテンポよく速く泳ぐ方法をすることでしょう。

 

練習でもリズムにのって楽に泳ぐ練習をしていると、頑張って泳いだ時とタイムはそんなに違わないことが分かると思います。

 

結果、スピードに乗った泳ぎが出来ていることになりますので、どれぐらいの力で泳いだら良いのか何度も何度も試すことが大切になります。

 

これが個人メドレーの泳ぎ方で難しいところです。

 

バタフライを泳ぎ終わっても疲れていない状態にできたらOKですね。

 

↓ ↓
現代の泳法に革命が起きている!