バタフライが上達するにはうねりがあります

バタフライはうねりのコツを覚えると上達します

バタフライ上達 | うねりをマスターしよう
バタフライでうねりが出来ないと当然前方への突っ込みが悪いです。

 

一番進むところでの進み具合が悪くなる

 

これは浮き上がりでの腕の掻き込みと、キックのタイミングが合っていないからでしょう。

 

リカバリーが出来ない
うねれなければリカバリー(腕の前への戻し)は難しいと思います。

 

リカバリーを容易にするためには,斜め下に潜って,
斜め上に浮き上がるときの浮力とプルとキックの3つの力をあわせるようにします。

 

 

これを合わすことが分かると、リカバリー時は容易に肩が水面に出て、第一キックをド〜ンと合わすことで前方へ進むと思います。

 

その時にうねりが生まれるので、腰を反るのではなくて、腹圧に注意して下から突き上げられるイメージで泳ぎます。
うねりはクニャクニャした泳ぎでは無く、体幹を使うということですね。

 

これで肩が水面に出れば余裕を持ってリカバリーすることが出来るでしょう。

 

 

潜ったら身体は自然に浮き上がるので、それを待つ ”間” がキーポイントになります。

 

文章で表現して理解するには難しいですが、ここのところはDVDで繰り返し見て練習が必要ですね。

 

そして、頭にイメージしたまま練習すると何かが違うと思います。
バタフライのうねりならコレ!